(2)たまに間を作るとリアル

ずっと喘ぎ続けると、ある意味で単調になります。
そのため、たまに間を作ってメリハリを出し、リアルな演出をしましょう。

喘ぎ声がピタリと止まったタイミングでヨガると、気持ち良さに飲まれているのが伝わります。
印象付けたいタイミングに間を作れるとベスト。

(3)せき止めた息がこぼれる

間を作った後に、「せき止めた息がこぼれる」ように吐き出すのもおすすめ。
深い快感に浸っているのが分かり、とてもエロいといえます。

息を吐き出しながら、少し腰を反らせて浮かすと、より感じている時の動きに近づきますよ。
まずは動いてみることで、後から気持ち良さが押し寄せることも。

(4)「イヤ」「ダメ」からの「もっと」で誘惑

どんどんセックスが激しくなってきたら、「あっあっ」といった喘ぎ声の間に「イヤ」「ダメ」といった言葉を挟みましょう。
そしてすぐに「もっと」と誘惑するのです。

この矛盾したセリフは、気持ち良さでパンクしそうな脳内の状態が伝わり、男性をどこまでもキュンキュンさせます。


基本的には「あ」「ん」などの喘ぎ声をメインにしますが、「息遣い」や「間」、「息がこぼれる」などのメリハリが出せるとさらにGOOD。
そして盛り上がったら言葉を入れるのも欠かせません。

ぜひ、素敵な喘ぎ声で彼をキュンキュンさせてくださいね。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。