デートで気合を入れたコーデのつもりが、からまわっていませんか?
悪目立ちなコーデでは、一緒に隣を歩くことも恥ずかしいと彼に思われているかも。

そこで今回は、彼も隣を歩きたくなくなる「悪目立ちコーデ」を紹介していきます。

(1)季節感ゼロコーデ

寒さと暖かさが混在する春は、コーデが難しいですよね。
だからといって季節感が違うコーデは、「悪目立ちコーデ」になります。

冬用のコートや夏先取りのサンダルなど、季節感を無視しているコーデは違和感があるもの。
春らしい色や生地をチョイスして、寒暖差はインナーやカーディガンで調整しましょう。

(2)年齢とのギャップコーデ

若作りコーデや老け見えコーデなど、年齢とのギャップを感じると「悪目立ちコーデ」となります。
自分の年齢より明らかに若い子のファッションは、返って老けて見えるもの。

また、年齢よりも大人っぽいファッションは、背伸びをしているようで違和感があります。
自分の年齢や雰囲気、スタイルに合っているコーデをチョイスしましょう。

(3)デザイン奇抜コーデ

派手色や奇抜なデザインを受け入れられないという男性は多いもの。
一緒に歩くのは恥ずかしいと感じ、「悪目立ちコーデ」となります。

また上下のバランスを考えずに好きなデザインをコーデすると、デザイン同士がケンカすることもあります。
コーデは、小物まで全てトータルでバランスを取ることが大事。

出掛ける前に、全身鏡で色やデザインのバランスを見るようにしましょう。

(4)露出多めコーデ

色気を出したいからと、露出が多めのコーデをしていませんか?
ある程度の肌見せは色気に繋がりますが、露出が多くなるのは「悪目立ちコーデ」。

周りの男性目線が気になり、彼は一緒に歩くことが恥ずかしいと思っているかも。
下品な印象にもなるので、一箇所肌を出した場合は他の部分は隠すなど、大胆な露出は避けましょう。


デートで「悪目立ちコーデ」が続くようなら、次のデートはなくなってしまうかも。
出掛ける前に、全体のコーデを確認することが大事。

前だけではなく、後姿も鏡で確認すると完璧です。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。