コーデは年齢と共に変化していかなければいけません。
10代の頃のコーデをそのまま引きずっていては、子どもっぽいと思われているかも。

そこで今回は、男が「子どもっぽく」感じるコーデを紹介していきます。

(1)色と柄がうるさいコーデ

原色や柄ものが好きで、たくさんの色や柄を取り入れているコーデをしていませんか?
色や柄がうるさいコーデは、「子どもっぽく」感じるコーデです。

落ち着きがないコーデを大人が着ると、上品さに欠けるもの。
色は3色以内にまとめ、柄ものは1点投入にすると、落ち着いた大人っぽコーデになりますよ。

(2)キッチリコーデ

隙のないキッチリしたコーデをしていませんか?
肌見せもなければ、抜け感もないコーデは、色気を全く感じないので「子どもっぽく」感じるコーデです。

制服のようなキッチリ感を与えるので、大人っぽさはゼロ。
首元を抜いて抜け感を出す、透け感があるデザインを入れるなど、ちょっとした色気を出すようにしてみて。

(3)キャラクターもの

キャラクターものが好きな人は要注意、「子どもっぽく」感じるコーデと思われているかも。
ブランドとコラボしたキャラクターデザインの服もありますが、着方によっては「子どもっぽく」なります。

また、男性にとってはブランドとコラボしているかどうかなんて分からないので、ただのキャラクターものと思われます。
キャラクターものを取り入れる場合は、コーデするアイテムやシルエットを大人っぽくすることが必要です。

(4)小物が安っぽい

どんなにコーデが大人っぽくても、小物や安っぽければ「子どもっぽく」感じるコーデになってしまいます。
安っぽく見えるバッグや靴をコーデすると、大人の上品さには欠けるもの。

特にチープアクセや、必要以上にアクセサリーを付けることは、子どもっぽくなりがち。
全体のコーデと小物を合わせ、高見えするアイテムを選ぶことが大事です。


「子どもっぽい」と思われたら、「ダサい」と思われていることと同じです。
これまでコーデをずっと見直していないなら、そろそろ大人っぽアイテムに移行していきましょう。

着方によっても変わってくるので、シルエットのバランスも見直してみて。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。