女性からの「脈ナシ」のサインを見逃してアプローチすると、さらに避けられる原因になります。
ところが、女性のサインは分かりにくいこともあり、勘違いしてしまう男性も少なくありません。

今回は、女性がデート中に見せる4つの「脈ナシ」行動をご紹介していきます。

(1)口数が少ない

女性の口数が少なくて会話が盛り上がらないのは、「口下手」というより「喋りたくない」のかもしれません。

女性は仲良くなりたい相手に対してお喋りになります。
つまり、会話しないのは「仲良くなるつもりはありません」という意思表示なのです。

(2)早めに切り上げようとする

好きな人とのデートだと、「いつまでも一緒にいたい」と感じますよね。
しかし、脈ナシの場合はその逆で、「なるべく早く帰りたい」と思うように。

食事し終わってすぐに帰ったり、「用事があるから」とすぐに切り上げるのは、「これ以上一緒にいたくないな」という気持ちの表れです。

(3)色気の感じられないメイク・ファッション

意識している異性とのデートは、とびきり可愛いメイク・ファッションで挑みます。
そして、脈ナシな相手と会うなら、あえて色気のないルックスで現れるでしょう。

Tシャツとデニムで、いつもと変わらないメイク、ヘアセットも最低限。
こうした「手抜き感」や「全く露出しない」といった特徴が見られます。

(4)他の男を匂わせる

脈ナシだと「他に仲良しな男がいるんですアピール」をします。
頑張ったところで恋愛が上手く行かないことを、遠回しに伝えているのです。

「好きな人がいる」などの発言があれば、それは分かりやすい脈ナシのサイン。
無理にアプローチすると嫌われるので注意しましょう。


女性は好きじゃない男性に対して「ちょっと冷たい」「深入りしない」などの反応を示します。
彼女の反応が微妙な時は、客観的に状況を捉えて、タイミングをうかがうようにしましょう。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。