セックスでの失敗は、本当に恥ずかしいですよね。
でも、あなただけではないので大丈夫!

そして、まだ失敗していない人も、これからの失敗を防ぐために学んでおくといいかも。
そこで今回は、セックスでの「あるあるな失敗」を紹介していきます。

(1)下着がいまいち

急にイイ感じのムードになり、そのままセックスへ突入……。
でも、今日はそのつもりではなかったから、ヘビロテ下着だったことを思い出し焦っても、時すでに遅しという失敗。

他にも、上下違う色や履きやすさ重視の下着、色気ナシのいまいち下着を選択していたなど。
服に合わせてベージュの下着を選ぶこともあるので、デートの時は何があってもいいよう万全にしておきましょう。

(2)ムダ毛処理が甘い

明日のデートでは絶対にセックスをするという時には、ムダ毛処理は完璧ですよね。
しかし、たまたまムダ毛処理を怠っていた時に限ってセックスに誘われたなんてことも……。

デリケートゾーンはもちろん、脇や手足などムダ毛処理は念入りにチェックしておきましょう。
処理残しがあると、一気に冷めてしまうこともありますよ。

(3)大きい声出しすぎ

セックス中、テンションが上がって大きい声を出しすぎたという失敗。
もちろん、興奮して喘ぎ声を出すことは、男性の興奮にも繋がります。

しかし、あまりに大きい声は、可愛らしさや色気がなく引いてしまうことも……。
また、彼の家でセックスする時は、近所にも聞かれてしまうかもしれないので、声のボリュームは調整しましょう。

(4)演技バレ

セックス中、イッた演技をしたり、少し大袈裟に喘ぎ声を盛ったりした経験がある人も多いと思います。
しかし、演技がバレてしまったら、男性は自信を失い萎えてしまうもの。

例えば、まだ濡れていないのに大袈裟に喘いだり、男性の動きと興奮具合が合っていなかったりなど。
演技は彼のためにしていることがほとんどと思いますが、バレてしまっては意味がないのでほどほどに……。


デートをする時は、もしもの時を考えて準備だけはしておきましょう。
また、セックスは相手のテンションに合わせることも大切。

次回から失敗のないよう、気をつけて下さいね。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。