10月9日(金)よりAmazon Prime Videoにて独占配信される『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1で、司会進行役を務めた「坂東工さん」に恋愛jp独占インタビューの続編です!

バチェラーに引き続き番組をガイドし、数々の激しい恋愛バトルを見守ってきた坂東さん。
そんな彼に【番組の裏話】と【モテる人の極意】を聞いてきました。

気になる相手の心を掴む参考になるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

司会進行役として意識していること

いち視聴者として一歩引く

編集部:進行しているときの心境って?

坂東さん:僕はバチェロレッテのそばにいる、一番近い視聴者です。
視聴者なので、進行役といえども一歩ひいて、その場を客観視するようにしています。

感情移入はしないようにしていますね。
僕自身がドラマを左右するような言動は極力避けるようにしています。

番組の雰囲気とは

少しでも緊張をほぐしてあげられるように

編集部:撮影は緊張しますか?

坂東さん:毎回緊張はします。
でもバチェロレッテや男性達の緊張に比べたら大したことはありません。

僕は男性達とカメラの前以外で会うことはありませんが、福田さんとは軽く雑談したりはします。
でも基本的には話を聞いてあげるだけ。

ローズセレモニーは本当に張り詰めた雰囲気で、福田さんの心の負担は相当なものだと思います。
ドラマへの緊張は途切らせないように意識しながら、緊張を少しでもほぐしてあげられるように心がけていましたね。

どんなことに驚かされた?

彼女の言動が一番!

編集部:状況が目まぐるしく変わりますが、驚かされることは?

坂東さん:福田さんへの驚きは毎回あります。

僕はいかなる状況になっても臨機応変に対応するように努めていますが、「おぉっ」と思うことはしょっちゅうでした。
でもどんな時でも彼女が下した決断を支持するスタンスは変わりません。

モテる人のファッションとは

ファッションは自分に合うものを知ったほうがいい

編集部:読者にファッションのアドバイスをください!

坂東さん:ファッションで大切なのは、自分に似合うものを知っておくこと。
僕は足が短いので、自分の体形を上手くカバーしてくれるような服を選んでいます。

スーツだと足の長さが気にならないので、男性はスーツがあってラッキーですよね。
でもその分、デートの時の私服がダサかったら残念。

理想的なのは、「なんでもいいや」と思って合わせた服が、自然とお洒落なコーディネートになっている状態です。
TPOに合わせて、自分に合った服さえ着ていれば、コーディネートを考えなくてもお洒落に見えるんじゃないでしょうか。


バチェロレッテでは、福田さんを巡り、男性達がマウントを取り合ったり、ガチ切れの喧嘩をしたり、嫉妬心をむき出しにしたりと、激しい恋愛バトルが繰り広げられています。

バチェラーとは違った、男性同士によるリアルな人間ドラマが見どころです。
番組の緊張感も楽しみのひとつ。

是非一度ご覧になってはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)