意中の彼と付き合えたという女性の皆さん、おめでとうございます。
せっかく恋人になれたのなら、いずれは結婚したいな…と考えるのは当然のことでしょう。

ですが、結婚以前に関係を長続きさせる工夫が必要です。
今回は、長続きするカップルがいつまでもラブラブでいる「4つの秘訣」についてご紹介いたします。

(1)素の自分を見せる

長続きさせるには、自分自身を偽ってはいけません。
自分を隠すことは長く続かず、そのうち偽り続けることが苦しくなってくるからです。

「彼にどう思われたいか」とセルフブランディングするのもいいですが、大切なのはありのままの自分でいることですよ。

(2)応援し支えあう

長続きするカップルは、お互いを高め合めます。
親が子どもの成長を喜ぶように、お互いの成長や成功を祝福し合えるのです。

いつ、どんなときも味方でいてくれる存在はなかなか多くないもの。
恋人がそんな存在になってくれたら心強いですし、「この人を手放したくないな」と思いますよね。

(3)相手を信頼して束縛をしない

恋人を束縛する人は、だんだんエスカレートしていくものです。
最初は飲み会に行くのを嫌がる程度だったのに、浮気を疑うようになり携帯を覗き見してしまった…という人は多いのです。

そういった方は、束縛する自分に嫌悪感を抱き、恋人関係に疲れてしまいます。
束縛は互いに疲弊するだけですので、「信じて放っておくことも大事」と心得ておきましょう。

(4)ひとりの時間も大事

四六時中べったりくっついているカップルが、ずっと仲良しであるとは言えません。
いつも一緒のカップルは、そのうち飽きてきて別れてしまうことの方が多いでしょう。

長続きするには、恋人と過ごすことと同じくらい、友人と遊んだり趣味を楽しむ時間も大切です。
ひとりの時間も充実させることで、恋人の大切さがわかるものなのです。


付き合いたての頃は「相手のことを理解したい」「長続きしたい」という思いでいっぱいなもの。
それなのに、付き合いが深まるにつれてその思いを忘れてしまい、別れを選択してしまう方も多いのです。

大切で大好きな彼を手放さないためにも、「4つの秘訣」はぜひ忘れずにいてくださいね。

(恋愛jp編集部)