男性は恋愛感情が表に出にくいといわれていますが、本当にそうでしょうか?
実は、彼らの言葉の中には、深い愛情が見え隠れしているものです。

今回は、男性がベタ惚れしている子に思わず言ってしまうセリフについて調べてみました。

(1)「いつ会える?」

本命女子じゃなければ、こんなセリフは出てきません。
「次はいつ会える?」「いつ暇?」というセリフは、「早く会いたい」という気持ちの表れです。

「〇〇行きたいね」なんて話しているときに、「じゃあ行こうよ!次の休みいつ?」と食い気味に聞いてくるようなら、あなたへの好意は大きいといえるでしょう。

(2)「そういえば〇〇なんだよね?」

好きな人の言葉って、かなり昔のものでも覚えていますよね。
それは男性も同じで、あなたが過去に伝えた情報を事細かに覚えていたりします。

あなたにベタ惚れしている男性は、「これ好きだよね?」「ペットの名前は〇〇だったよね?」など、大事なことから些細なことまで覚えていますというアピールをしてくるのです。

(3)「意外と〇〇だよね」

こちらも、「きみのことをよく知っている」というささやかなアピールです。
「しっかりしてるけど、意外と天然だよね」とか「けっこう男らしい一面あるよね」など、一見いじっているように見えても、それは照れ隠しである場合がほとんど。

あなたの素顔を知っていることを、あなたや周囲の人に知らしめたいという思いでいっぱいなのです。

(4)「しょうがないなあ」

男性は好きな子に頼られると、照れ隠しなのか多少渋る傾向があります。
そのため、あなたが彼を頼ったときに「いいよ」の一言で終わらず、にやけながら「もう、しょうがねえな〜」なんて言うようなら、密かに好意を寄せられているのかも。

口ではそう言いつつも、しっかりフォローしてくれるのは、愛があるからこそですね。


男性は意外と感情が言葉に表れるもの。
女性より口数が少ないからこそ、そのセリフにはたくさんの情報が含まれています。

あなたにベタ惚れしている彼の言葉の真意を汲み取って、ぜひ関係を深めていってくださいね。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。