リモートワークの機会が増えている中、「彼氏に会えなくて欲求不満」な女性もいるのではないでしょうか?
そんな時におすすめなのが、電話を使った「テレフォンsex」。
通常のセックスとは違った楽しみを満喫するために、ポイントを4つご紹介していきます。

(1)お互いにベッドの中がベスト

テレフォンsexは、リラックスできて「セックスしている感覚」も味わえる場所で実践するのがおすすめです。

ベッドの中であれば心置きなくオナニーに集中できます。
さらに、彼と実際にセックスをする時もベッドは定番の場所なので、想像力が掻き立てられるでしょう。

(2)喘ぎ声で興奮してもらう

男性は「視覚」「聴覚」「触覚」の3つを通して、セックスの興奮を高めます。
テレフォンsexではこのうち1つの「聴覚」のみを頼るため、喘ぎ声が重要になってくるのです。

息漏れした感じ、途切れ途切れな感じ、溢れ出す感じ、いやらしい感じ……。
バリエーションを持って、喘ぎ声で表現しましょう。

(3)言葉も使って

「聴覚」のみが頼りになるため、普段よりも「言葉」を多めにするのもコツ。
何となく声で想像はできても、やはり言葉にしてくれた方が分かりやすいです。

「気持ちいい」「好き」「愛してる」
こうした言葉を、ストレートに伝えて気持ちを共有しましょう。

(4)指示を求めると燃え上がる

テレフォンsexに慣れたら、次は「指示」を求めてみると、さらに興奮度がアップします。

「どんな風にしてほしい?」と彼に聞き、指示を仰ぎましょう。
そして、彼の欲求どおりに動いて興奮した様子を伝えるのです。


会えない時だからこそ、こうした普段と違ったアプローチで仲を深めることも大切。
テレフォンsexを充実させることで、きっとお互いに満たされた感覚に近づきますよ。
ぜひ取り入れてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。