言葉づかい一つで恋愛対象から外されてしまう可能性があること、ご存知ですか?
男性は意外と女性の行動を見ているものです。

非モテ女子が使う言葉づかいをご紹介しますので、使わないように気をつけましょう。

(1)略語

「とりま」や「なるはや」など、そういった略語に対しても不快感を覚える男性はいるみたい。
「なんでわざわざ略すのか意味が分からない」といった感想のようです。

また略語の多用はコミュニケーションがうまくとれない他にも、「せかせかした印象」を相手に与えてしまいます。
せかせかした人とは話していると、自分も焦ってしまって疲れちゃうみたいです。

(2)ギャル語

「まじ?」とか「ウケる」とか、そういったギャル語も、男性からは敬遠されがち。
若いころはいいですが、社会人が使うとなると、「うーん」って思ってしまうみたいです。

もちろん気の置ける友人相手に使うならいいですが恋愛対象の男性相手に使うのは控えた方がいいのかも。

(3)男言葉

男性のような粗暴な言葉遣いも、男性的にはNGみたい。
「○○じゃねぇ」とか「○○すっから」とか、汚い言葉はなるべく使わないようにしましょう。

一見ノリがよさそうに見えるかもしれませんし、言葉を崩すことで仲良くなれることもあるかもしれません。
でもそれはあくまで「友達」としての話。

男女の関係を望むのであれば、女性らしい言葉で話しましょう。

(4)「でも」ばっかり

なんでも否定的な言葉で入ってしまうクセがある人は要注意です。
「でも」とか「いや」とか「だって」とか。

そういう言葉を乱発している人と話していても、楽しい気分にはなりませんよね。
自分の口からはポジティブな言葉を発するように意識しましょう。

言い方一つで、相手の印象も変わるものです。
「○○くんはそう思うんだね。それも分かるんだけど、私はこう思うよ」っていう感じで伝えれば、ネガティブな言葉を使わずに済むはず。


言葉づかい一つではその人の人となりって判断されてしまう場合もあります。
きれいな言葉で、相手に良い印象を与えましょう。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。