外出自粛が求められている中、気になる彼となかなか会えないとお悩みの方も多いのでは?
それならば声だけでも聞きたいと思うのは当然ですよね。

今回は、LINEで電話に誘う口実を4つご紹介します。

(1)きちんと業務連絡したいから

仕事や所属するコミュニティが一緒の場合には、最も使いやすい口実です。
「LINEだけだとちゃんと伝わってるか不安で……」という理由を添えると、あなたの真面目さや誠実さも勝手にUPするというプラスアルファの
効果も期待できる一石二鳥の口実です。

業務連絡に絡めて、プライベートな話が少しづつできるよう頑張ってみましょう。

(2)暇をアピール

普段何でもない時に、やたら「暇だから電話していい?」と言われると、「他にすることないのかな?」と思われてしまいますよね。
しかし、今だからこそ遠慮なく使える口実。

「おうち時間で時間を持て余しているから」という理由だと、何だか納得してしまいますよね。
また、暇を持て余しているのは彼も同じかもしれません。

これがきっかけで普段から電話が出来る仲になるかもしれませんので、ぜひ試してみてくださいね。

(3)相談がある

こちらは定番の誘い文句。
しかし、「相談がある」と言われるとつい気になって話を聞いてあげたくなってしまうのが、頼られたい男性の心理のよう。

「客観的な意見が聞きたい」としおらしさをアピールしてみましょう。
喜んで電話をしてくれるかもしれません。

(4)あえて間違えたふりをして電話をかける

どうしても口実が使えそうになかった場合、最終手段としてこのような方法もあります。
「あれ?間違えて手が当たったみたい!ごめん、今何してた?」とナチュラルに会話につなげてみてくださいね。

同じ相手に何回もは使いにくい手にはなりますが、声が聞きたいけど相談を持ちかけたりとそこまでの間柄でないという時には使えるでしょう。


会えないと思うと余計に声が聞きたくなったり、相手のことが恋しくなるもの。
1度電話する仲になれば、次からは口実なしにストレートに電話したい!と言いやすくなるかもしれません。

ぜひ参考にして、彼との距離を縮めて見てくださいね★

(恋愛jp編集部)