エッチでは必ずと言っていいほどあるのが、服を脱がされる場面です。
今回は、男性が服を脱がしてくるときのカワイイ反応について4つご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

(1)「見ないで」

カワイイと思ってもらうために恥ずかしがるのは、鉄板のテクニックですよね。
「見ないで」と言いつつも、もちろん本当に嫌がるのではなく、少しニヤニヤしてしまっているくらいがちょうどよいです。

年下の男性やMな男性には、「見たいの?」と焦らすことが効果的です。

(2)「脱がせて」

男性から「脱いで」と言われることもありますが、そんな時は男性にお願いしてみましょう。
そこまで乗り気じゃない雰囲気を出すことで、逆に男性は燃え上がってしまうこともあります。

そのあとに見せる乱れた姿とのギャップで、あなたの振り幅をアピールすることもできますよ。

(3)「一緒に脱ごう」

自分だけ裸になるのは恥ずかしいので、一緒のタイミングで脱いだり、お互いに脱がせあいっこしようと提案するのも、初々しくてカワイイですよね。
あまりいやらしい雰囲気にならず、イチャイチャ楽しくエッチを始められるのも、この脱ぎ方のメリットです。

しかし、セクシーなイメージはつきにくいので、その後のエッチでどこまでセクシーな魅力を出せるかも見られるポイントです。

(4)裸になっても隠す

脱がせ終わった後でも、布団をかぶったり手や腕で隠したりしている姿を見ると、男性はカワイイと感じます。
「電気消す?」や「寒いから布団かぶる」と言って、必死で抵抗しようとしてくる姿に、男性はニヤケが止まらないでしょう。

下着を脱がされるまでではなく、エッチ中盤まで、恥じらいは持っておいてくださいね。


今回は、男が服を脱がしてくるときのカワイイ反応についてご紹介しました。
やはりエッチの序盤では、恥ずかしがる姿はマストのようですね。

ぜひこの記事を参考にして、脱がされる時のバリエーションを増やしてみましょう。

(恋愛jp編集部)