勘違いが過ぎる女性は、男性から見て普通にドン引きする存在になります。
普段からモテを意識しすぎて、逆に自意識過剰な発言が多くなっていませんか?

そんな空回りが目立つと、男性からはすっかり距離を取られてしまいます。
そこで今回は、男性にバレバレの「勘違いモテ言動」について解説していきたいと思います!

(1)芸能人に似ていることを自慢する

芸能人に似ていることを過剰にアピールするのは、あまり好かれることとは言えません。
特に似ている芸能人が超絶美女だったりすれば相当ハードルが上がってしまうもの。

「私って芸能人に似てるって言われるの」となんて言われれば、正直男性は嫌でも本人と比べてしまいますね。
よほど絶世の美女でなければ、ただの勘違い発言になってしまうため注意しましょう。

(2)いいことしたアピールをする

いいことをしたという報告は、基本的には自分から話さない方がスマートですよね。
無駄にアピールしすぎるといい人アピールをしているようで、癇に障る男性も多いもの。

「それわざわざ言う必要ある?」と思われ、すっかりあざとい人扱いされてしまうでしょう。

(3)自分のことを名前で呼ぶ

勘違い発言でありがちなのは、自分のことをわざわざ名前で呼ぶぶりっ子発言。
さすがに20歳を超えた大人がする発言としては痛々しすぎるので、多くの男性は引いてしまうでしょう。

その名前呼びのせいですっかり勘違い女扱いされてしまう女性は多いです。

(4)モテエピソードを語る

「〇人から告白された」「昨日ナンパされちゃって……」とモテエピソードを語るのもあまり好ましくありません。
モテることを自慢しているようにしか聞こえないからですね。

本当にモテる人気者タイプはそういった自慢話は一切しないもの。
反対に自分からモテエピソードを話したがる人は、勘違いな人・自意識過剰な人と思われることが多いので要注意です。


勘違いモテ発言が多いと、男性からは自然とドン引きされてしまうもの。
モテを意識することは大事ですが、限度があることもぜひ覚えておいてくださいね!

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。