女性が一瞬でダサいと感じるような男性のNGコーデはさまざまあります。
それを無意識のうちに取り入れていると、ダサいと思われ女性にモテないことも。

そこで、女性が一瞬で「ダサい認定する」男性のNGコーデを4つご紹介します。

(1)シャツが出ている

いくらハイセンスなコーデでも、シャツが出ているとだらしなく見えますよね。
だらしないコーデは、どんなオシャレなアイテムを取り入れても決まって見えません。

そのため、首元や裾からシャツがはみ出ている男性はダサ見えすることも。
外出の際にはシャツがはみ出てないか鏡でチェックするよう心がけましょう。

(2)ドクロのロゴ

ドクロのロゴが大きく入っているトップスは、着ているとイタイ印象を与えてしまいます。
とくに、10代ならまだしも大人の男性が着ていると女性がドン引きすることも。

女性はそんな服を着ている男性とは、一緒に歩くのすら恥ずかしいようです。
そのため、ドクロのロゴが入ったデザインは選ばないよう心がけましょう。

(3)チェーンがついた財布

チェーンがついた財布は不良っぽい印象を与えることから、女性ウケが悪い傾向にあります。
歩くたびにジャラジャラと音がすると目立つので恥ずかしいとの意見も。

デートの際にはできるだけ不良っぽくない爽やかな印象のコーデを心がけましょう。

(4)メッシュキャップ

メッシュキャップは若者がかぶっているとオシャレに見えますが、大人の男性がかぶっているとダサい認定されてしまいます。
とくに、カラフルなメッシュキャップは子どもっぽく見えるのでNGと言えます。

デートの際にはできるだけ子どもっぽいアイテムは避けるようにしましょう。


女性が一瞬で「ダサい認定する」男性のNGコーデはさまざまあります。
ダサ見えしないためにも、デートの際のコーデは慎重に選びましょう。

(恋愛jp編集部)