せっかく彼と連絡をとっているのに、「うわぁ、おばさんっぽい…」なんて思われてたら悲しいですよね。
今回は男性がドン引きしちゃう、「おばさんLINE」を解説していきます!

(1)不自然な改行

お母さんからのメールやLINEを思い返してみてください。
不自然なところで改行していたり、スペースが空いていたりしませんか?

この感情は男性も持っているもの。
「読みやすいかな?」と思ってやったことが裏目に出てしまうなんて悲しいですが、これが事実なんです。

男性に送るときは、不自然な改行などは避けるようにしたいところです。

(2)お節介LINE

「ちゃんとご飯食べてる?」とか「ちゃんと休めてるの?」とかいった、過剰な心配LINEは、相手にお節介と思われてしまうことも。

彼のことが心配なのも分かりますが、彼も大人です。
恋人とかの関係性じゃない限り、過干渉なLINEは送らないようにしましょう。

(3)長々と自分語り

聞いてもないのにベラベラと自分のことを話しちゃうのもいけません。
「相手のことを考えずに自己主張する」っていうのは、おばさんLINE認定されちゃうかもしれません。

「今日○○して、○○が○○で、すごいびっくりしたの!それでね…」のような、なんの意味もないLINEに苦手意識を感じる男性は多いみたい。

LINEもコミュニケーションです。
自分の話よりも相手の話を聞いてあげられれる女性の方が、男性からも人気がたいのかもしれません。

(4)顔文字、絵文字多用LINE

絵文字があるLINEって華やかで可愛いですよね。
でも現代の男性は、LINEを「コミュニケーションツール」としてではなく、「連絡手段」と捉えている人も多いみたいです。

そんな若い男性が最も嫌がるのが絵文字多用LINEです。
更に顔文字まで盛り込まれていたら、おばさん認定されちゃいます。

相手のLINEのスタイルを伺いながら、相手と同じようなテンションで返すのが正解なのかもしれません。


おばさんLINEに共通しているのが、「自己主張が強いこと」なのかも。
相手を思いやれる度量を持っている女性こそ、男性が求めている理想の女性像に近いのではないでしょうか?

(恋愛jp編集部)