友情と恋愛を選べと言われても、なかなか難しいものです。
自分でも分からない気持ちを星座別で見てみると、スッキリするかもしれませんよ。
ここでは8位から5位のランキングをお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

8位 おとめ座

とても冷静なあなたは、ふたつのものをどう調整させるかを重視します。
たとえば、今回は友達を優先するから、次は彼との時間を大切にしよう、と思うはず。
優先させる理由もハッキリ伝えられるので、仕方がないなと相手に諦めてもらえるでしょう。
しかし、あなたには強くお願いされたら断れない面もあります。
それでも合理的に優先順位をつけるでしょう。

7位 いて座

おおらかなあなたは友情も恋愛も大切にします。
気配り上手なところもありますが、オープンに優先させる方を決めるでしょう。
かなり自然な態度なので、誰かにイヤな思いをさせることも少ないはず。
基本的には友情を優先させたいと思っていますが、彼を選ぶ場面も少なくありません。
ただし、優しくて物わかりの良い彼であれば、かなりの確率で友情を優先させるでしょう。

6位 おひつじ座

直感的なあなたは、友情と恋愛のどちらを優先すべきかを考えません。
その場で即決し、比べる瞬間さえ作らないでしょう。
あなたにとって、面白いと思える方を優先するはずです。
ただし、付き合い始めの時期は恋愛を優先する傾向にあります。
これは、彼の方への気持ちの方が大きいという正直な気持ちから。
彼との付き合いが長くなると落ち着くので、その頃には冷静に楽しい方を選ぶでしょう。

5位 てんびん座

バランス感覚の優れているあなたは、友情と恋愛の対比を同じ程度にします。
どちらにも優しく、大切に接しようと努力するでしょう。
しかし、あまり会えない彼の場合は恋愛を優先します。
友達はいつでも会えるけれど、彼と会える時間は限られているから、と割り切るのです。
本当はどちらも選びたいはず。
あなた自身とても迷いやすいので、気楽に構えてみましょう。


友情と恋愛はなかなか難しい問題ですが、今回はそれをきちんと考えることができる順位の星座でした。
この記事も参考にしながら、上手に気持ちの整理をつけてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)