「キス」といっても可愛いキスから色っぽいものまでさまざま。
彼とエッチしたいときには「色っぽキス」で彼をお誘いしちゃいましょう。

今回は彼が押し倒したくなる「色っぽキス」を4つご紹介していきます。

(1)キスする前には見つめ合う

キスする前には見つめ合うのが、色っぽキスをするので重要なポイントです。
「キス」というと、唇と唇がくっつくことを多くの人が考えます。

でも、本当に大切なのはその前の「見つめ合う」というもの。
これをすることで、2人の心がぐんと近くなる感じがするので試してみてくださいね。

(2)唇をソフトに吸ってみる

唇をソフトに吸ってみるのは、定番の色っぽキスです。

彼の唇に触れたら、最初は優しい触れるキスから始めましょう。
だんだん2人の情熱度合いが上がってきたら、彼の唇をやさしく吸ってみましょう。

プリンを吸うように壊さないようにソフトにするのがポイントです。
すると、彼もあなたにもっと興奮するはず。

(3)彼の舌をていねいに堪能する

彼の舌を丁寧に堪能することで、一段上の色っぽキスが目指せます。

彼とディープキスが始まった時、舌が絡みます。
そのときに、ただ単に絡ませ合うのではなく、舌に全神経を集中させましょう。

柔らかい感覚や、温かさ、唾液のかんじなどをていねいに感じようとしてみてください。
そうすれば、あなたは彼のキスに骨抜きになって、彼は押し倒さざるを得なくなりますよ。

(4)音や声をちょっと漏らしてみる

音や声をちょっともらしてみることは、色っぽキスに必要不可欠。
彼と舌を絡めているときの唾液の感じを表現するために、あえて音を出しましょう。

また、セクシーな声をちょっと漏らせば、彼はもっとドキドキです。
彼はあなたをお持ち帰りしてくれるはずですよ。


あなたも「色っぽキス」で彼の興奮スイッチを入れちゃいましょう。
このキスで彼のお誘いを待っているだけではない、一皮むけた女性になれるはず。

ロマンティックなデートの後にはやってみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

【編集部オススメ記事】
「好きなんだけどな…」セフレから本命になれない女の特徴

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。