男性だってあざとさ全開な女性にはドン引きします。
「男の人はあざとい女性が大好きだから!」なんて男性を見くびらないで。

今回はそんな、男性から嫌われてしまう「あざとさバレバレ女」について解説します。

(1)家庭的な女性です!アピールがすごい

「私料理や掃除、家事全般得意なんです!」
「彼氏には美味しい手料理いっぱい作ってあげたいな♡」

こんなことを聞くと男性は手料理を食べてみたいなと思います。
でもあまりに言いすぎると、あざとさが前面に出てしまって引かれてしまいます。

さらっと趣味は音楽鑑賞と料理です!と言うにとどめたほうが印象がいいですよ。

(2)自分のことを名前呼びする

モテると思って「ゆうちゃんね……」と名前呼びをしているのでしょうね。
でも20歳超えた大人が名前呼びするのはバカっぽく見えてしまいます。

本当に親しい友人や家族なら大目に見てくれるでしょう。
でも合コンなどの出会いの場で名前呼びしてしまうのはダメです。

気になっている男性にイタイ子認定されるのは嫌でしょ?!

(3)タイプの男性にだけ態度を変える

タイプの男性にだけ甘えた声で話すと好意を分かりやすく伝えられると思うのですよね。
でも完全に逆効果になってしまいますよ。

何人かで集まる合コンなどの場では協調性が求められます。
たとえ気になる異性がいたとしてもです。

タイプだからって態度を変えたら、その男性も周りに気を遣ってしまって場を楽しめなくなります。
恋愛対象から外されてしまいますよ。

(4)他の女性の評価を下げる発言

そりゃね、もしかしたら気になる人と友達がくっついちゃうかも!って思うと焦るよね。
だからって、その友達の評価を落としてもあなたの価値が下がるだけです。

友達からも気になる男性からも嫌われることになりますよ。
男性からはこの女性とは関わらないほうがいいと思われることになります。

友達の恋を応援するか、正直に自分も男性を気になっていることを友達に伝えたほうがいいです。


少しだけならあざとさも可愛いかもしれません。
でもあざとさにも限度というものがあります。

あざとすぎて好きな人からも大事な友達からも嫌われないようにしてくださいね。

(恋愛jp編集部)