イケメンとよく言われるのになぜかモテない……と悩んでいる残念なイケメンは結構多いと言います。
モテないのには理由があり、やはりその非モテ要素が残念なイケメンになっている理由である可能性は高いです。

そこで今回は、イケメンなのに残念な男性の特徴について解説していきたいと思います!

(1)顔はイケメンだけど服がダサい

意外と多い残念なイケメンは、まず服がとにかくダサいパターンです。
顔はイケメンなのに、服のセンスはぶっ飛んでいて、女性を驚愕させる……そんな残念なイケメンですね。

服選びにいつも自身が持てない人は、服がダサい残念なイケメンにならないよう要注意。
顔だけではさすがに魅力に欠けるので、服も見た目の一部としてぜひ大事にしていってくださいね。

(2)イケメンだけど気遣いができない

気遣いができない、優しくない、自分勝手……そんな正確に難ありの残念なイケメンも多いですね。
顔だけではやっぱり女性も選んではくれないでしょう。

誰だって一緒にいて落ち着く人が一番ですし、気遣いができない男性は男性として頼れない印象ですよね。

(3)イケメンなのに大人としての品がない

イケメンなのに大人としての品格がない男性も、残念なイケメンにはなりやすいので要注意。
子どもっぽく汚い言葉遣いをしたり、下ネタばかり喋ったり、食事のマナーを知らなかったり……

そんな下品な雰囲気が目立つと、せっかくのイケメンも台無しになってしまいます。

(4)イケメンなのに気弱すぎて甲斐性がない

イケメンなのに気弱、意思が弱い……そんな男性も女性にはあまり魅力を感じてもらえないでしょう。
顔がいいからこそ慕われはするかもしれませんが、いわゆる弟キャラ止まりです。

その甲斐性のなさが残念なイケメンたる要因で、女性の興味は自然と頼れる男性に移っていってしまいます。


残念なイケメンになってしまうと、いくら顔がよくてもモテることにはつながらないものです。
なんでモテないんだろう……と思ったときは、ぜひ自分の中の残念な要素を少しでも取り除いてみてくださいね!

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。