結婚は人生にとって一大イベントです。
「いつ結婚しよう」と男性はなかなか決心がつきません。

でも背中を押してくれるきっかけがあると、「そろそろ結婚しようかな」と考えるようになるのです。
今回は男性が結婚を考える瞬間を紹介します。

(1)節目を迎えた時

お互いの年齢が30歳になる、付き合って10年になる、など節目の年が近づくと男性は結婚を考えるようになります。
「そろそろ男としてのケジメをつけよう」と思うのです。

あらかじめ「30歳までに結婚しよう」などと人生設計する男性は多くありません。
自然な流れで結婚を意識するようになるまで、女性は焦らず男性を見守ってあげましょう。

(2)彼女に結婚の意思を感じた時

「いつか結婚しよう」とふわっとしたイメージで結婚を考えている男性って意外と多いもの。
ただ待っているだけでは、男性から結婚の話は出てこないかもしれません。

でも女性に結婚の意思を感じられると、結婚について真剣に考えるようになります。
「〇〇歳までに結婚したいな」、「結婚するならこんなウェディングドレスが着たいな」など「あなたとの結婚を考えている」ということを間接的に伝えるといいでしょう。

ただし、あまり言いすぎると男性はプレッシャーを感じてしまうので、ほどほどのアピールにしておいたほうがいいかもですね。

(3)友人の結婚式に参加した時

男性は、女性のように綺麗なウェディングドレスを着て、素敵な教会で式を挙げて、みんなに祝福されて…といった結婚式に対する願望が強くありません。
そういう男性は友人の結婚式に参加して、幸せそうなカップルの姿を見ると「結婚式っていいな」と実感し始めるケースが多いのです。

結婚式に参加して、「結婚したいな」と羨ましく思うのは男女共通なんですね。
友人の結婚式に一緒に参加して、「結婚っていいよね」と自然な流れでアピールするのもいいかもしれません。

(4)彼女以上の相手はいないと感じた時

誰と結婚するかを決めるのって勇気がいることですよね。
「この人でいいのか」、「他にもっといい人がいるのではないか」と考えてしまうもの。

でも付き合っている相手のことを「自分のことを本当理解してくれている」、「こんな女性とは二度と出会えないかもしれない」と思えるようになると、結婚を意識し始めるのです。

男性にそう思ってもらうためには、女性側にも努力が必要です。
男性にとって居心地のよい存在になるために、彼への思いやりや女子力を磨くことを忘れないようにしたいところですよね。


男性は相手のことが好き=結婚には結びつきにくいのかも。
女性のほうからきっかけを作ってあげると、男性は結婚を意識しやすくなるでしょう。

(恋愛jp編集部)