キスしているときに、油断していると気持ちよくなって声がもれちゃうことってありませんか?

すごく恥ずかしいですよね!でも、我慢せずに出した方が男性はムラムラするのです。
今回はそんな、キス中の声の出し方についてお伝えします。

(1)キスが気持ちよくなってきたタイミングで「ん……」

長い時間お互いにキスで求めあっていると、どんどん快感が押し寄せてきます。
気持ちよくなってきたなら「ん……」って感じてOKですよ。

そのほうが彼も興奮で狂うことでしょう。
「もっとその可愛い声聞かせてよ!」と言わんばかりにキスが激しくなっちゃいます。

(2)キスで大好きな気持ちが高まってきたら「好き……」って囁く

大好きな彼とキスをしていると愛しい気持ちが高まっていきますよね。
少し唇を離したタイミングで「好き……」って囁いて、また熱いキスを。

彼をゾクゾクさせましょう。
彼の中でも愛しさが膨れ上がり、とろけるようなキスで気持ちを伝えてくれますよ。

(3)「気持ちいい……もっとキスして♡」っておねだり

もっとキスしてほしいのに、もしかして終わろうとしてる?
そんなときには「気持ちいい……もっとキスして♡」ってお願いしましょう。

カワイイおねだりに、彼はキュンとしますから。
もっと激しいキスで、あなたのことを気持ちよくしてくれますよ。

(4)激しいキスのときに吐息を出して興奮していることを示す

激しいキスをしていると、頭がボーッとして気持ちよくなっていきます。
目もどんどんトロンとしていくそのタイミングで吐息を出すのです。

男性は「俺とのキスに感じてくれている!」ってさらに興奮することでしょう。
今日の勝負下着はバッチリ!?きっとこのまま襲われちゃうよ。


キスをしているときにどのタイミングで息を吐いたらいいのか分かりませんよね。
息を吐くのが恥ずかしくてキスが終わるまで息を止めている人もいるかもしれません。

そんなときはぜひセクシーな声や囁き、おねだりとして上手に声を出して、彼をムラつかせてください。

(恋愛jp編集部)