揚げ物と言えば高カロリーで太りやすいイメージがあるかと思います。
でもどうしても食べたいときってありますよね?
そんな時はどの揚げ物を選ぶのが良いのでしょうか。

クイズ

正解は?

(1)天ぷら

この3つの差は、調理で揚げた時に油を吸う割合(吸油率)の差にあります。
衣が多い天ぷらは、その分油をたくさん吸うため、吸油率が上がります。(約12~25%)

同じ揚げ物でも、素揚げが一番吸油率が低いのです。(3~8%)

ちなみにほかの2つは?

(2)唐揚げ

唐揚げは、衣が薄いため、給油率は約6~13%です。

(3)フライ

フライは唐揚げよりも衣が多くなるので、吸油率は6~20%です。
ただ、天ぷらに比べると吸油率は低くなります。


今回は吸油率についてお話しました。
油の吸い方はつける衣以外にも、食材の切り方でも変わってきます。

食材を細かく小さくカットすると表面積が増え、吸油率が上がってしまうので要注意です。
また食材の水分が多いものは吸油率が上がるので気をつけましょう。
(水分の蒸発の替わりに油が入ってしまうため)

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。