直接会えない間も、彼によい印象を与えたいですよね。
今回は、男性が忙しい時に「癒されるLINE」について4つご紹介します。

ぜひこの記事を参考にして、彼を癒してあげましょう。

(1)『お疲れさま』

忙しかったり仕事で疲れていたりしても、女性からの「お疲れさま」の一言があるだけで、男性はほっこりするようです。
それに加えて、今日1日の話を楽しそうに聞いてくれるとかなり癒されます。

優しく包み込むように労ってくれる女性とは、長く関係を気づいていきたいと男性も感じるはずです。

(2)ポジティブな内容

愚痴や悩み事こそ、人に聞いてもらって解消したいものですよね。
しかし、疲れているときに人のネガティブ発言を聞くと、自分もより一層ネガティブモードになってしまいがち。

愚痴は笑い話にアレンジして話したり、悩み事は彼に余裕があるときを見計らって相談したりするのがよいでしょう。

(3)応援する

「この前言ってたの、どうだったの?」とさりげなく聞いてみると、話した内容を覚えてくれていたんだと感動するはずです。
ただ、「頑張って」と言われるのが好きではない男性もいるので、言いすぎには注意してください。

不安な場合は、「応援しているよ」など、自分の行動や気持ちに矢印が向いた言葉を選ぶのが無難です。

(4)素直な言葉

デート終わりに「ありがとう」と感謝するLINEが来ると、つい顔がほころんでしまう男性も多いのではないでしょうか。
他にも、「いつもありがとうね」や「好きだよ」など、あなたが純粋に思ったタイミングで送ってもみるのもよいでしょう。

彼は急にどうしたの?と言いつつも、画面越しにきっと嬉しくなっていること間違いなしです。


今回は、男性が忙しい時に「癒されるLINE」についてご紹介しました。
LINEでも対面での会話と同じように、相手の気持ちを考えて発言するだけで十分で、とくに特殊なテクニックが必要という訳ではありません。

4つのポイントを参考にして、ほっこりするLINEを送ってあげましょう。

(恋愛jp編集部)