「品のある女性」って男女問わず一目置かれる存在ですよね。
では「品のある女性」とは具体的にどんな女性なのでしょう?

今回は男性が美しいと思う「品のある女性」について紹介します。

(1)清潔感のある服装

「品のある女性」は常に周りから見られているという意識を持っています。
清潔感のないヨレヨレの服を着ることで、印象が悪くなることを理解しているのです。

また、相手が不快に思わないように、TPOをわきまえた服装を心がけているのも「品のある女性」の特徴。

華やかさはありつつも下品にならない服装って意外と難易度が高いのです。
すぐには真似できないかもしれないので、まずは清潔感を意識した服装を心がけましょう。

(2)スッと綺麗な姿勢

「姿勢1つで品があるように見えるなんて…」と不思議に思うかもしれません。
でも姿勢が綺麗なだけで、品があるように見えるものなのです。

実は、背筋を伸ばし、美しい姿勢を保つのはけっこう大変。
気を抜くとすぐ猫背になってしまうものですからね。

スマホを見る時、無意識に猫背になっていませんか?
「品のある女性」は常に綺麗な姿勢を心がけているので、周りの女性より凛とした雰囲気を演出することができるのでしょう。

(3)感情のコントールができる

「品のある女性」からギスギスした雰囲気を感じることはないのではないでしょうか?
「品のある女性」は心に余裕を持ち、どんな時でも笑顔で対応することができます。

穏やかな雰囲気の女性からは優しさと優雅さを感じますよね。
それが気品につながっていくのです。

仕事をしていれば、ストレスが溜まり、周りにイライラをぶつけてしまうこともあります。
でも「品のある女性」は感情をコントロールし、負の感情を表に出さないようにしています。

自分なりのストレス解消法が確立しているのかもしれませんね。

(4)綺麗な言葉遣い

「品のある女性」には綺麗な言葉遣いは欠かせません。
綺麗な言葉遣いをすることで、教養や気品を感じさせることができるのです。

「やばい」、「マジで」などといった若者言葉や流行言葉はまず使わないでしょう。
日本語は尊敬語や謙譲語などがあり、日本人でも習得するのは難しいですよね。

まずは、相手に聞きやすいトーンで、ゆっくりわかりやすく話すことを意識してみるだけでも、相手の印象は変わってきますよ。


「品のある女性」は男性からも女性からも憧れの存在です。
見た目はもちろんですが、内面からにじみ出る気品は日々の努力の積み重ねが大事になってきます。

見た目と内面の両方の気品があってこそ「品のある女性」になれるのです。
少しでも「品のある女性」に近づけるよう、今から努力を重ねていきましょう!

(恋愛jp編集部)