倦怠期が無縁と思えるほど仲のいいカップルっていますよね。
そんなカップルに憧れている人は多いのではないでしょうか。

そこで、いつまでも「ラブラブカップル」でいる方法を4つご紹介します。

(1)素直な愛情表現をする

付き合いが長くなると素直に好きという気持ちを表現できなくなる人が多いようです。
しかし、愛情表現ができなくなるとお互いの気持ちがわからなくなり、ギスギスしてしまうことも。

いつまでもラブラブでいるためには、素直な愛情表現をすることが大事。
そうすることで、相手との距離が離れないよう意識することが大事なのかもしれませんね。

(2)干渉しすぎない

男性はプライベートを鑑賞されると窮屈な気持ちになるようです。
それを我慢して交際を継続しても、よい関係を築くことはできません。

いつまでもラブラブでいるためには、ある程度の自由が必要です。
普段から干渉しすぎないことで、いつまでもラブラブなカップルでいるよう心がけましょう。

(3)デートは割り勘

女性の中にはデート代を男性に払わせるのが当たり前だと思っている人がいます。
しかし、デート代を男性に払わせると相手の負担が大きくなり、不満が溜まってしまうことも。

それを防ぐためにも、デート代は割り勘にして負担を半々にするよう意識してみてはいかがでしょうか。

(4)思いやりを忘れない

男性は思いやりがある女性に夢中になる傾向にあります。
付き合いが長くなっても思いやりを忘れない女性は、男性を本気にさせることも。

そのため、本命彼氏には思いやりを持って接するよう心がけましょう。


いつまでも「ラブラブカップル」でいる方法を知っている人は、倦怠期を迎えずに済むようです。
そんな方法を参考に、彼といつまでもラブラブでいるよう意識して接してみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)