モテを意識するなら、初対面で男性から意識されることが大切。
外見的な要素もかなり関係してきますが、それ以外はどのような特徴が必要なのでしょうか?

そこで今回は、男が「初対面で好きになる女性」について紹介していきます。

(1)話のテンポが合う

初対面から話のテンポが合うと、気の合う女性として好印象になります。
ずっと話をしても飽きないし楽しめる相手だと、また会ってみたい気持ちにさせるもの。

女性は比較的男性よりも話のテンポが速いので、相手に合わせることが大事。
そのためには、聞き上手になること。

相手の話を最後まで聞いて相槌をうつ、そして質問して相手に興味があることを見せるといいですよ。

(2)褒め上手

褒めてくれる相手には、好意的に感じるもの。
相手が自分に興味を持っていることも分かるので、気になる存在になります。

過度に褒めると嘘っぽくなり、警戒心を持たれる可能性もあるので注意。
会話の中で上手に相手を褒める女性は、好感度が高いです。

(3)ミステリアスな雰囲気

初対面で好きかもしれないと思わせるには、気になる女性になること。
相手のことをさらに知りたいと思うと、どんどん興味がわいてきます。

そのためには、少しミステリアスな雰囲気を残すことで、また会ってみたい気持ちになるもの。
全てを相手に知ってもらうのではなく、少しだけ見えない部分を作るとミステリアスな雰囲気がでますよ。

(4)上品な色気がある

気が合ったとしても、異性としてドキッとする瞬間がなければ、恋愛には発展しません。
そのために必要なことは、上品な色気があること。

もちろん下品な色気なら、引かれるかワンナイトの相手にされてしまうだけ。
女性らしさや美しい姿勢や所作、少しの肌見せなど、上品な色気を習得しましょう。


初対面で好きになる女性は、その男性にとって外見がタイプかどうかは大きいです。
しかし、それ以外にも会話を進めていくうちに、気になる存在になることは多々あること。

モテを意識するなら、好感度の高い女性を目指してみて!

(恋愛jp編集部)