気になる彼が奥手男性だと、積極的に関わってくることが少なく、進展しにくいですよね。
彼が自分のことをどのように思っているかも分からず、悩んでいる人も多いかも。

そこで今回は、奥手男性がする「大好きサイン」の見抜き方を紹介していきます。

(1)視線を逸らすことが多い

目が合った時や話をしている時、視線を逸らすことが多いなら「大好きサイン」。
奥手男性は、好きな女性と話す時、しっかりと目を見つめることが苦手です。

これは恥ずかしさや緊張からくるもの。
他の女性とは目を見て話しているのに、自分は目を逸らされると悲しい気持ちになるかもしれません。

しかし、緊張しているからなので、気にしなくて大丈夫ですよ。

(2)分かりやすく緊張する

視線を逸らすことにも通じますが、話している時に分かりやすく緊張しているなら「大好きサイン」。
話が続かない、妙にソワソワしているのは、緊張している証拠。

好きだからこそ、テンパってしまい挙動不審になります。
そっけない態度をすることも、恥ずかしさや緊張を隠すためなので、他の女性と比較してみると分かりやすいかも。

(3)急に冷たい態度をとる

さっきまで普通に話していたのに、急に冷たい態度をとられたことはありませんか?
これは、ヤキモチをやいているから。

他の男性と楽しそうに会話をしているのを見て、嫉妬心から冷たい態度をとっています。
上手に嫉妬心を処理できず、どのように対応すればいいか分からなくなっているのかも。

(4)困っている時は助けてくれる

奥手男性は、なかなか話しかける勇気が持てず、遠くから好きな人を見つめていることが多いです。
これは、話しかけるタイミングを待っているから。

だからこそ、好きな女性が困っている時、いち早く駆けつけて助けてくれます。
いつも助けてくれる、気遣ってくれるなら「大好きサイン」ですよ。


奥手男性の「大好きサイン」は分かりづらく、嫌われていると勘違いすることもあります。
しかし、その態度が「大好きサイン」の可能性も高いので、諦めてしまってはもったいない!

距離を縮めることに時間はかかるかもしれませんが、ゆっくりと進展させてみて。

(恋愛jp編集部)