人と差がつくオシャレなヘアスタイルは、憧れる人もいますよね。
オシャレヘアーは、顔周りで差をつけることがポイントです。

そこで今回は、レングス別にオシャレヘアーを紹介していきます!

(1)【ショート】ゆるウェーブ&インナーカラー


ウェーブが映えるショートスタイル。
動きのあるカットをしているため、ウェーブで動きをつければ、軽さをうまく表現することができます。

ヴィンテージ感のあるカラーが、大人な雰囲気のピッタリ!

顔周りの特徴のインナーカラーを見せるため、大きめの波ウェーブでに巻くことで、空間ができ、ポイントにインナーカラーがよく映えます。
オイルで仕上げると、さらにおしゃれに◎

より可愛く見せるためにも、表面は細かく巻きましょう。
細かいウェーブが、動きをさらにつけ、立体的なヘアスタイルになります。

(2)【ミディアム】長めマッシュ小顔効果


顔周りに軽さを出したミディアム。
ただ軽くするだけでなく、少し長めにすることで丸みのあるマッシュになり、小顔効果も期待できます。

透明感のあるピンクベージュに、毛先のみハイライトを入れることより、動きと立体感がプラスされます。

巻く時はウェーブではなく、ワンカールに!
顔周りは内巻きに、襟足は外ハネ巻くことでバランスよく、動きのあるヘアスタイルにすることができますよ。

(3)【ボブ】レイヤーで凛とした大人な雰囲気に


重すぎず、軽すぎないレイヤーが入ったボブ。
ボブは切りっぱなしや重めにすることが多いので、レイヤーをいれることにより、おしゃれなボブを表現できます。

ダークカラーでも、重い印象というより、レイヤーがあることで、凛とした大人な雰囲気の女性を演出してくれます。
さらに大人度をアップしてくれるのが、ウザバングです!

顔周りはゆるウェーブで動きをつけ、毛先は外ハネにすることで、全体的によいバランス◎

(4)【ミディアムロング】ウルフで新旧のおしゃれ


ガッツリレイヤーの入ったミディアムロング。
ウルフカットは昔流行ったカットですが、また流行りが出てきているヘアです。

重さを残しつつ、しっかり目にレイヤーが入っているので、新旧の良さがMIXされたオシャレなへアスタイルになります。
重めにしているので、明るめのベージュ系カラーで軽さが表現できます。

また、顔周りに動きを出すために、ゆるめに巻き、毛先は外ハネで巻くと、全体的にキレイなバランスに♪
巻くことで大人な感じがプラスされるので、品のあるヘアスタイルになりますよ。


周りと差をつけるには、顔周りをどうおしゃれすするかがポイントです。

してみたいヘアは見つかりましたか?
ちょっと手を加え、ステキなヘアにしてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。