付き合うかどうかの時間って、とっても貴重で素敵ですよね!
どうせなら、彼からの「付き合いたい」サインを見逃すことなく、スムーズにカップルになりたいものです。

(1)近い

好きな人ができると、男女関係なく人って相手をすごく意識するもの。
付き合う寸前までの関係になっていたら、必然的に物理的な距離が近くなったりします。

好きだと感じる対象の、肌に触れていたいとか温度を感じていたいって、きっと言葉では説明する必要のない、動物的な本能でしょう。
だから自然と、体の距離が近くなるのです。

(2)目が合う

体の物理的な距離と同様に、相手を意識することでおこるのが、視線の動き。
好きだとやっぱりついつい目で追ってしまうし、常に相手がどこにいるかを探してしまうもの。

だから、彼があなたのことをどう思っているのかを知りたいなら、彼の視線を見てみましょう。
よく目が合うってことはつまり、相手があなたを意識している印。

告白までの時間はそう長くはないでしょう。

(3)踏み込む

ここからは体の動きではなく、心理的なもの。
好きな相手については、ついつい色々と知りたくなるもの。

だから、会話の節々でぐっと踏み込んでしまいます。
「好きなタイプどんな人?」って、普通の人がきいたら「そうなんだ~」で終わるテーマでも、「どういうとこが?」「身近な男性でいうと?」なんて、続くのです。

素直なキモチで気軽に応えたいものですね!

(4)連絡が絶えない

好きな人のことは深く知りたいし、ずっと繋がり続けていたいものです。
現代なら、LINEが最も気軽に繋がり続けられる手段でしょう。

だから、相手があなたを好きなら、LINEのやりとりが途切れることを知りません。
普通の人となら終わるようなテーマでも、「どう思う?」とか「じゃあこれは?」なんて、会話のラリーがずっと続くのです。


自分が相手にとって本命かどうか見分けることが出来たら、あなたの恋愛運は急上昇します。
両想いになりやすい女子を目指してくださいね!

(恋愛jp編集部)