男性は頼られることもですが、女性に甘えられるのも大好き!
しかし、男のプライドとしてこんな甘え方いいな~なんてことは言えません。

そこで今回は、男が密かにしてほしい甘え方を内緒で教えちゃいます♪

(1)シンプルに甘える

遠まわしをせず、シンプルに甘えたいことを伝えましょう。
シンプルに言うことで、直接相手に伝えるので誤解なく甘えられますよ。

男性は回りくどいのが苦手。
女性のように気持ちを汲み取るほど器用ではないので、シンプルに伝えてくれるほうが対応できますし、何より嬉しいです。

シンプルなので、伝えるほうは勇気がいります。
大丈夫な人はぜひシンプルに伝えてあげてくださいね!

(2)ツンツン攻撃

中には甘えることができない人もいますよね。
そんな人は、袖や裾を引っ張ったり、腰あたりや腕をツンツンして、甘えたいことを伝えましょう。

ツンツンとする行動が男性には可愛く見えるもの。
それにこの行動自体がすでに甘えているので、気付かないフリをして楽しむ人もいるでしょう。

笑っているうちはいいですが、機嫌が悪い時にやってしまうとイラつかせる原因になるので、彼の態度を見て判断してください。

(3)肩にもたれながら甘える

女性だって、疲れる時はあります。
そんな時、彼の肩を借り、もたれながら甘えてみませんか?

頼られている感+甘えのダブルを感じれるため、この上なく幸せを感じることができます。
いつもしっかりしている女性がすると、ギャップが生じるため、余計このままずっとしてほしいと思うことでしょう。

いつもと違う甘え方をしたい人はぜひ、男性の肩を借りてもたれてみてください。

(4)イジけた甘え

甘えたくても甘えられない時ありますよね。
とくに一緒にいるにも関わらず、かまってくれないければ普通にイジけるもの。

そんな時に、ちょっと頬っぺたを膨らませてイジけながらかまってほしいのに」よ行と言ってみるのもひとつです。

イジけた感じが男性には可愛く映るので、ついつい放置してしまうことも(笑)
しかし、本気でイジけてしまうと大変な事態になるので、ちょっと困らせる程度にするのに留めておきましょうね。


女性の甘えは男性の本能をくすぐる行動です。
だからこそ、上手に甘えることであなたをもっともっと好きになってもらえます。

甘える時はとことん甘えてくださいね!

(恋愛jp編集部)