カフェインは天然の食品成分の一つであり、眠気を覚ます効果や、集中力を高める効果などがあります。
一方デメリットとして下痢をしたり、頻尿になったり、過剰に摂取すると中毒を起こす危険性も持っています。

カフェインの入っている飲み物は様々ありますが、どのくらいの量が入っているか知っていますか?

クイズ

次の中で一番カフェインが多く含まれる飲み物は?
(1)緑茶(煎茶)
(2)コーヒー
(3)ココア

正解は?

(2)コーヒー

コーヒーは、ドリップタイプのもので、100ミリリットル当たりのカフェイン量は90ミリグラムです。
インスタントのタイプだと、40ミリグラムに減ります。

ですが、ほかの2つは?

(1)緑茶(煎茶)

緑茶は市販のペットボトル飲料のタイプだと、100ミリリットル当たりのカフェイン量は50~60ミリグラムです。
しかし、緑茶の中の玉露という種類は、カフェイン量が多く、100ミリリットル当たり120グラムとコーヒーよりも多くなってしまうのです。

玉露入りのタイプは、カフェイン量をチェックしてから飲むのがおすすめです。

(3)ココア

ココアは、100ミリリットル当たりのカフェイン量が30ミリグラムとこの中では一番少ないです。
代わりに砂糖が多く含まれていることが多いので、糖分を気にして飲みたいですね。


今回紹介した飲み物以外にも、紅茶やコーラ、ウーロン茶などにもカフェインは含まれています。
カフェインには中毒性ありカフェインを3時間以内に850ミリグラム以上摂ると中毒の恐れがあるため注意しましょう。

(恋愛jp編集部)