彼とキスしたい!でも自分から「キスして」って言えない……
そんな時は、彼がキスしたくなるよう誘導しちゃいましょう。

そこで今回は、彼を【キスに誘う】とっておきの方法を紹介していきます。

(1)顔を覗き込む

少し顔を傾けながら、彼の顔を覗き込んでみて。
好きな彼女の顔が近づいてきたら、反射のようにキスしたくなるもの。

彼の話が聞き取れなかった時に、「ん?」と覗き込んで顔を近づけてみて。
顔を少し傾けると可愛らしく見えるし、急に顔を近づけられるとドキッとして、スイッチが入りますよ。

(2)彼の肩に頭をのせて甘える

大胆に誘えないって人は、彼の肩に頭をのせて甘えるようにしてみて。
イチャイチャタイムに入れば、キスしない選択肢なんてないもの。

そのイチャイチャタイムに入りやすくするには、甘えることが一番。
肩に頭をのせて話をすれば、彼の耳元で囁くようになるので、彼のムラムラを刺激しますよ。

(3)ギュッと抱きついて見つめる

彼とハグする時、抱きつきながら彼を見つめてみて。
上目遣いでジッと見つめられたら、どんなに鈍感な彼でもキスのタイミングって分かるはず。

ただ見つめるでもいいけれど、タイミングがなかなか掴めないと思うので、ハグの時なら自然。
ギュッと抱きしめて見つめる、それだけでOK。

(4)甘い声で「ねぇ……」

男性は、「ねぇ……」と呼ばれると、誘われているように思う人が多いです。
色っぽい印象になり、ムラムラを刺激するのでキスしたくなる瞬間。

この時、普通に「ねぇ!」と呼ぶのではなく、少し甘い声で「ねぇ……」と呼ぶことがポイント!
離れているとあまり効果はないので、くっついている時に伝えてみて。


「キスして」と伝えなくても、誘える方法はあります。

もちろんこの方法を試してもいいですが、「キスして」と女性から誘われるのは男性にとって嬉しいこと。
どちらの方法でも誘えるようになれば、彼はもっと愛おしいと思ってくれるかも。

(恋愛jp編集部)