夏になったら髪色だけ変えたくても、単色ではちょっぴり飽きてしまう。
そんなあなたは、髪の内側だけ色を変えるインナーカラーを試してみてはいかがでしょうか?

今回は2020年夏最新の、個性を出すのにピッタリなインナーカラーを3つご紹介していきます。

(1)ダークパープル髪にラベンターのインナーカラー

ダークパープルの髪にラベンダーのインナーカラーは、大人っぽいけれど個性的なヘアカラーです。
一見黒髪に見えますが、よくみてみると深い紫色で黒髪よりも軽いイメージですね。

さらに、内側にはラベンダーカラーがあるので、髪の毛をかきあげたときに個性をさらに発揮します。
ロングヘアでも重すぎないダークカラーにしたいあなたは、ダークパープルとラベンターのインナーカラーをオーダーしてみてはいかがでしょうか。

(2)ネイビー髪にピンクのインナーカラー

ネイビー髪にピンクのインナーカラーは、クールな色とカワイイ色がマッチしたヘアカラーです。
もみあげのあたりのピンク色のインナーカラーがみえると、個性的で非常にかわいいですね。

あえて耳にかけずにおろしておいたら、それだけで可愛いスタイルの完成です。
Tシャツ1枚着ているだけでも、このような髪色なら全体がオシャレにみえちゃいますね。

(3)オレンジ髪にピンクのインナーカラー

ベースがオレンジ髪で、ピンクのインナーカラーをプラスすればさらに明るいイメージになります。
このインナーカラーは、耳元の髪の毛にカラーがしてあるのでイヤリングカラーという名前です。

大変可愛いし、耳にかけたときにさらに違う印象になるはずですよ。
ちょっぴり外国人風なカラーにしたいと思っているあなたは、オレンジ髪にピンクのインナーカラーをオーダーしてみましょう。


ただのヘアカラーでも、インナーカラーを入れると一気にイメージが変わりますね。
夏らしい明るい色でもかっこよく決まるので、気になったら試してみましょう!

気になる彼にも「あれ、雰囲気かわったね」と声をかけられちゃうかもしれませんよ。

(恋愛jp編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。