ちょっとした一手間を加えるだけで、こなれ感が格段にアップする「インナーカラー」。

でも、「インナーカラーはハードルが高い」と、染めるのにためらう方も多いようです。

そこで今回は、さりげなく顔周りを華やかにしてくれる「さりげインナーカラー」についてご紹介しちゃいます!

(1)レッドブラウン×ベリー

全体は赤みよりのブラウンをベースに、顔周りや毛先をベリー系に染めるインナーカラー。
ボルドー系で統一されているので、インナーカラーだけが目立つということはなく、上手に馴染んでいます。

ブラウンからボルドー、ベリーというグラデーションになっているのもオシャレ。
インナーカラー初心者さんは、まず馴染みやすいカラーでチャレンジしてみるのも手でしょう。

(2)ネイビー×ラベンダーピンク

クールなネイビーと甘いピンクを掛け合わせることで、一気にこなれた雰囲気に。
透明感を与えてくれる寒色と、柔らかい光を集めてくれる暖色が合わさり、肌をパッと明るくしてくれる嬉しい効果も得られます。

顔の脇だけではなく、前髪にも忍ばせたピンクカラーがアクセントに。

反対色を組み合わせるのは上級オシャレさんっぽいですが、お手軽にできるのでオススメです。

(3)ブラウン×ホワイトベージュ

落ち着いたブラウンカラーだけじゃ物足りない!
そんな方には、ホワイトベージュのインナーカラーがオススメです。

さりげなく切り替わるカラーが、垢抜けた印象を作り上げてくれるでしょう。
髪を掻き上げたときた結んだときにチラッと覗くホワイトベージュが、なんともいえずオシャレ。

(4)ブラック×ネイビー

黒髪とネイビーは相性バツグン。
チラ見えするブルーが注目を集めるインナーカラーです。

黒髪はどうしても重く見えがちですが、インナーカラーを入れるだけで軽やかで都会的な印象になり、不思議な魅力を感じさせます。
派手すぎないスタイルなので、初めてのインナーカラーにもオススメです。


ヘアカラーがマンネリ化しているという方に、ぜひチャレンジしてほしいインナーカラー。

ベースカラーとインナーカラーの組み合わせ次第で印象がガラッと変わるのも楽しさのひとつです。

色の分量次第で個性的で大胆な髪色にチェンジできるのはもちろんですが、さりげなくオシャレな雰囲気を手に入れることもできるでしょう。

インナーカラーを忍ばせて、自分らしい魅力を髪にまとってみるのはいかが?

(恋愛jp編集部)