髪の内側にアクセントとしてカラーを入れる「インナーカラー」。
オシャレ女子の間で、話題になっているスタイルですよね。

そこで今回は、話題の「インナーカラー」を徹底解説していきます。

(1)無造作ヘアーで可愛い


きっちりセットしなくても、無造作ヘアーで「インナーカラー」がチラっと見えるのが可愛い。
むしろ、ベースカラーの隙間から少しだけ見えるよう、無造作にセットしてみて。

髪を耳にかけるだけでも、いつもとは違った雰囲気が楽しめます。
王道のピンクは、ベースのカラーを選ばないし、女性らしく愛らしい印象になりますよ。

(2)派手色にも挑戦しやすい


派手色に挑戦してみたいけど、ワンカラーはハードルが高いですよね。
そんな時、「インナーカラー」ならワンポイントで入れられるので挑戦しやすい!

気になるカラーを試したい時も、まずは「インナーカラー」で似合うかどうかを確認できます。
黒髪に映えるイエローなら、暗髪カラーの人も派手色に挑戦しやすいですよ。

(3)アクセサリー感覚で


髪型は変えたくないけれど、少しだけイメチェンしたいなんて人にも「インナーカラー」は◎。
耳元に少しカラーを入れるだけで、アクセサリー感覚でイメチェンが可能。

範囲を選べるので、内側全体に入れてもいいし、耳元だけでも可愛いです。
少しだけ印象を変えたい時は、ベージュで髪の流れに立体感をつけてみて。

(4)ヘアアレンジでさらにオシャレに


ヘアアレンジすることで、ベースのカラーと「インナーカラー」が混ざり、さらにオシャレに変化します。
コントラストを楽しめるので、色々なヘアアレンジに挑戦してみて。

ヘアアクセをつけなくても、カラーがアクセントになるので華やかに!
落ち着いたネイビーなら、大人っぽいクールな印象になりますよ。


仕事上、派手色は難しいって人も、「インナーカラー」ならアレンジ次第で目立たなくできます。
オンオフの使い分けできるので、ちょっとしたイメチェンに最適。

気になるカラーがあるなら、「インナーカラー」試してみませんか?

(恋愛jp編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。