コラーゲンは、しなやかな肌と弾力性の維持に働くたんぱく質の一つです。
雑誌やテレビなどでも紹介され、お肌を気にする女性はぜひ積極的に摂りたいと思っているのではないでしょうか。
しかし、コラーゲンは食事で摂取しても、体内でアミノ酸などの低分子に分解されてしまうため、あまり効果的な方法ではありません。
コラーゲンは、体内の【線維芽細胞】で作られるため、自ら生み出していく力を高めていくことが大切です。

クイズ

コラーゲンを体内で作る際に必要なビタミンはどれでしょう?

(1)ビタミンC
(2)ビタミンE
(3)ビタミンA

正解は?

(1)ビタミンC
ビタミンCは、体内でコラーゲンを作る過程で必要不可欠なビタミンです。
ビタミンCが不足すると、肌の弾力が失われるだけでなく、血管がもろくなり出血しやすくなるなどの影響が出ます。

ちなみにほかの2つは?

(2)ビタミンE
ビタミンEは直接コラーゲン生成には関わっていませんが、肌のバリア機能を担う皮脂膜を安定させる働きがあります。
また、抗酸化作用や血行促進作用など女性に嬉しい効果も持っています。

(3)ビタミンA
ビタミンAは粘膜を守ったり、目の健康を保つなどの働きが有名ですが、肌の生まれ変わりを促進したり、乾燥の改善にも役立つビタミンです。


(まとめ)
コラーゲンは外から取ることを気にしがちですが、しっかり自分の体内で作り出すことが大切です。
今回紹介したビタミンは、どれもお肌を美しく保つために必要なビタミンなので、普段の生活で意識して摂りたいですね。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。