男性のことをほめる時、どうほめれば喜ばれるのかを知っていますか?
ほめ上手と呼ばれる女性たちはその辺りを熟知していて、相手を的確に喜ばすことができるのです。

そこで今回はほめ上手な女性の特徴を調べてみました。
ほめたつもりなのに相手に伝わらない……なんてお悩みの方には参考になりますよ。

(1)ほめる内容に嘘がない

ほめる上で大事なのは、本心であることです。
相手の機嫌取りのためにほめたのではなく、本心でそう思っていることが相手に伝わるからです。

上部だけでほめられても相手の心には全く響きません。
逆に、警戒心を植えつけてしまいます。

思ってもいないことは真実味がなく相手には嘘だと見破られてしまうのですね。

(2)他人と比べない

「〇〇さんよりすごいですよ」とほめられても、男性はあまり嬉しくありません。
なぜかというと、それは比較相手が自分より劣っていることがわかるだけで、自分がほめられる対象なのか疑ってしまうからです。

絶対的な自分の評価をされていないわけで、そこには価値が感じられないのでしょう。

(3)相手の心に届くほめ言葉

ほめ方についても注意しなければなりません。
難しい言葉や言い回しはなるべく避けるようにしてください。

できるだけシンプルにほめることで相手に真意が伝わりやすいからです。
言い方一つでほめ言葉も相手にとっては嫌味ととられてしまうかもしれません。

相手の人柄をよく観察して、NGワードを避けるようにしましょう。

(4)斬新な視点でほめる

ほめられることに慣れている男性も世の中にはたくさんいます。
内心「あぁ、わかってますよ。愛想笑いしとこ……」なんて思ってしまうことがあるのです。

誰がみてもよいところをほめるのではなくて、他の人には気が付かないようなところを褒めることができれば、遊んな相手にも喜ばれます。


ほめ上手な女性は観察力があって、相手のよいところを見つけ出すことができるのですね。
誰にだって何かしらいいところはあるなんて言いますが、そんな女性にとっては「何当たり前のことを言ってるの?」と感じているのでしょう。

皆さんもぜひ見習って、人のよいところ探しの達人になってくださいね。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。