失恋をした時に、引きずるタイプとそうでないタイプの人がいます。
星座ごとに違いがあることをご存知でしたか?

そこで今回は、失恋したら引きずりやすい星座ランキング形式でご紹介します。
ご自分の星座をチェックしてみてくださいね。

12位 おひつじ座

告白する際、ほとんどの人が「振られたらどうしよう」と考えるものだと思います。
しかし、おひつじ座は振られた時のことは一切考えない、前向きな気持ちの持ち主です。

それより、好きな人に想いを伝えることのほうが大切だと考えるのです。
交際相手から別れを切り出された時は、感情をあらわに出してしまうかもしれません。

もしかしたら逆上して、相手に汚い言葉を吐いてしまうことも考えられます。
その時は、誰にも止められないくらいヒートアップすることもあるでしょう。

しかし、数日経つと落ち着いて、新しい恋に目を向けることができるのです。
もし、引きずるようなことがあれば、それはあなたの人生の中でも、記憶に残る恋愛の1つになるでしょう。

11位 いて座

好きな人には、ストレートに愛を告白するいて座。
「うまくいけばラッキー」というように、軽い感じで告白する人もいるでしょう。

ダメ元で想いを告げていますから、振られたとしてもあっさりしていることがほとんど。
すぐに新しい恋愛へと飛び立つことができるでしょう。

勘が鋭いため、交際中に相手の変化に気づくこともあります。
相手が別れを切り出したがっていると感じた時点で、あなたの気持ちもフェードアウト。

そのため、傷つくことも少なく、また、後腐れなく別れを了承するのかもしれませんね。

10位 ふたご座

頭の回転が早いふたご座は、相手の気持ちを観察し、脈ありだと感じたら告白するタイプです。
そのため、振られることがあまりないかも。

交際に発展しても、元々が飽き性なため、相手より先に別れを告げることが多くなりそうです。
お付き合い自体もさっぱりとした関係がほとんどで、仮にあなたが振られたとしても、引きずり続けることはあまりないといえるでしょう。

友人も多いですから、気持ちを紛らわすこともできそうです。

9位 てんびん座

浅く広い関係を好むてんびん座は、1人の人にハマるのは苦手かもしれません。
そのため、失恋をしてもあまり引きずらないといえるでしょう。

あなたが失恋したと知って、言い寄ってくる男性は他にもいるはずです。
てんびん座はモテますから、恋人候補はすぐに現れるでしょう。

自信をなくさなくても大丈夫です。
別れを切り出した彼の方が、後に後悔するかもしれませんよ。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。