4位 かに座

好きな人や彼氏のことを一途に想い続けるかに座。
感受性も豊かなため、失恋した時には冷静でいられないでしょう。

いろいろな理由をつけて、相手に連絡をとってしまいそう。
心を開くのに時間がかかる分、一度相手を信頼してしまうと、縁が切れることをなかなか認められないのかもしれません。

ただ、失恋の原因が相手の浮気だったりした場合は、一瞬で気持ちが冷めます。
そして、相手を許さないという憎しみの感情で埋め尽くされてしまいそうなので気をつけて。

3位 おとめ座

恋に慎重なおとめ座は、恋愛をすると相手に尽くす傾向があります。
自分のことを我慢してまで、相手を優先することも。

そのため、失恋をした時もひどく傷つき、長い間引きずってしまう可能性があります。
別れの原因は自分にあったと思い、ひたすら自分自身を責めてしまうかもしれません。

大抵の別れは、どちらか一方だけに原因があるわけではないはず。
自己批判がすぎると、新しい恋も中々巡ってこないかもしれません。

事実だけを受け止められるようにしたいものですね。

2位 おうし座

感情を表に出すのが苦手なおうし座が失恋した場合、その場では納得するでしょう。
しかし、これまでの関係が崩れてしまうわけですから、引きずってしまうことになりそうです。

トラウマとなり、その後の恋愛に前向きになれない人もいるかもしれません。
あなたがその気にさえなれば、次の恋愛は早い段階でやってきます。

引きずることで下ばかり向いていると、もっと大切な人に気づけないかもしれませんよ。
失うことを恐れすぎずにいれたなら、立ち直るまでの時間は短くなるでしょう。

1位 さそり座

心に秘めた熱いハートを持っているさそり座。
一途に一人の人を想い続けるでしょう。

失恋しても簡単には諦めきれないかもしれません。
相手の自宅に行ってしまったり、電話をかけてしまったりしてしまいそう。

一度好きになった想いは、簡単になくなりはしないでしょう。
相手からもらったプレゼントなどを処分できた時、やっと新しい恋へ進むことができるのかもしれませんね。


人によっては、失恋から立ち直るのは簡単ではないですよね。
今回の記事も参考に、辛い経験は、次の恋愛で活かせると信じてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。