濡れやすい女性は男性にとって最高です。
しかし、中には濡れにくい人もいるのも事実……。

濡れやすい人と濡れにくい人では、どんな違いがあるのでしょうか。
そこで今回は、濡れやすい人の特徴をまとめてみました!

(1)感度がいい

少し触っただけで、すぐ濡れます。
それは髪の毛を触るだけでも、興奮するような感度になっていることが多いです。

体全体の感度がいいため、すぐ興奮状態になりますが、中には同じように触っても気持ちいいな~というレベルで、興奮には至りません。

感度を上げるためにも、日頃から自分はどこを触られると気持ちいいのか把握しておくと◎。
そこを攻めてもらうようお願いすれば、体が興奮状態を覚えるため、感度が良くなります。

(2)性に対して興味津々

性に対し興味がある女性は濡れやすいです。
それは性を心から楽しみたいとと思っているため、あれこれ試しています。

そのため、自分はこの部分が弱く感じやすいなどと日々研究をしているのです。
もちろん、男性のほうもしっかり研究済み!

興味があるからこそ、どうすれば楽しめるのか、どうすればより感じてくれるのかなど、性に対し前向きな姿勢です。
そこにはいやらしさがないため、素直に性を楽しんでいます。

(3)性欲が強い

性欲が強い女性は濡れやすいです。
感度がいいことも含まれますが、何よりエッチに対しかなり貪欲。

常に欲しているため、上手にコントロールできます。
そのため、非常に濡れやすいのです。

なかなか人によっては、性欲がない人もいますが、性欲が高くなる生理前にエッチをするといいですよ。
感度はもちろん、性欲自体も高くなっていますので、イキやすいです。

イキやすいということは、気持ち良くなる感覚も高くなるため、ハイな状態を頭に覚えさせることができます。

(4)濡れやすい体質

中には、濡れやすい体質の女性もいます。
濡れやすいため、気持ちがいいのは置いといて、触られただけでグショグショに。

体質なので、なかなか訓練して身に付くものではありませんが、濡れやすい体質は男性からすれば嬉しいものです。
それだけで男性を興奮させられますよ。


日々の積み重ねで濡やすさを作ることはできます。
反対に、濡れすぎることで恥ずかしさや後ろめたさを感じている人もいますが、男性は何も思っていないので安心してくださいね。

ぜひ濃厚な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)