女性にとって彼に溺愛されたいと思うのは理想ではあってもなかなか現実にはそうならないものですよね。
ですが、世の中には確かに溺愛される女性がいるのも事実です。

ここでは実際に溺愛されている女性からそのテクニックを学んでしまいましょう。

(1)追いかけたくなっちゃう!

女性の方が積極的に彼を追いかける形になってしまうと、男性というのは不思議なもので、自分から追いかけることをやめてしまいます。

そうなってしまうと受け身になってしまいがちで愛されることが当たり前の状態になってしまうことに……
程よく抑えめにすることで男性から追いかける形になれば、彼に求められるようになりますよ♡

(2)頼ってくれる

男性は頼られることで自信を持つようになります。
そして、頼られていくうちに自然と彼女のことを可愛くて仕方がない状態になっていきます。

そうなればもう、彼にとって彼女の存在はなくてはならないものとなっていることでしょう。

頼る加減はやりすぎてもいけませんし、実現不可能なものを頼んでも意味がありません。
その加減は彼を観察して見極めてくださいね。

(3)愛してくれているのがわかる

男性の感受性は女性のそれと違ってやや鈍いところがあったりします。
そのためわかりやすい形で愛情表現をされないと気づかないこともあるでしょう。

彼女の愛情表現がちゃんと彼に届けば、それは溺愛という形でしっかり返ってきます。

気持ちを伝えるにはやはりタイミングが重要です。
タイミングよく愛の言葉を伝えられるようにしてくださいね。

(4)感謝の気持ちが伝わってくる

自分がしたことに対してしっかりと感謝されていることがわかると、今以上に彼女へ愛情を注ぐことが自分の幸せに繋がることなのだと思うようになります。

常に謙虚な気持ちでいることが、彼に伝わっていればいつまでも変わらない愛情が得られることでしょう。


溺愛される女性には今回ご紹介したようなことが意識することなく自然とできているようです。
できそうだと思うところからチャレンジしていつかは当たり前のようなれることを目指してみましょう。

(恋愛jp編集部)