デートもするし身体の関係もあるけれど、はっきりと「付き合おう」という言葉を交わしていない曖昧な関係。
不安で疲れてしまっている人も多いと思います。

そこで今回は、曖昧な関係をはっきりさせる「裏技テク」を紹介していきます。

(1)愛情を伝えてみる

曖昧な関係には色々な種類があります。
その中で、女性に断られることが怖くて、男性も同じように関係性を変えられないという人もいます。

この場合は、女性側が割り切った関係を望んでいるのかも……と不安に感じているのかもしれません。
これまで愛情を伝えていないなら、言葉や態度で本当に「好き」ということを伝えてみて。
そうすると、両思いという自信がつくので、告白してくれるかも。

(2)相手ペースにしない

いつも彼の予定に合わせて会っているなら、彼のペースになっているもの。
もちろん、相手の都合に合わせることも大事ですが、自分の都合もきちんと伝えるようにしてみて。

本命なら、女性側の予定も尊重してくれます。
しかし、都合のいい女と思われているなら、自分のペースに合わせてくれないことに苛立ちを見せてくるかも。

(3)人目につく場所へのお出かけ

どちらかの家やホテル中心のデートで、ほとんど外出しないデートが多い。
その場合は、人目につく場所へのお出かけを提案してみましょう。

セカンドや都合のいい女と思っている場合は、人目につく場所は避けたいので、うまくはぐらかしてくるかも。
また、彼の友達と会ってみたいという提案でも、相手がどのように関係を思っているか分かりますよ。

(4)身体の関係を少なくする

都合のいい女化しているかも……と不安に思っているなら、身体の関係を少なくしてみて。
もちろん、都合のいい女ではなく好きな気持ちがあっても、身体の関係は同じくらい求めてくるもの。

どこが違うかというと、抱けないなら会う意味がないと思うかどうか。
もし、断ったことで連絡頻度が減ってくるなら、残念だけど都合のいい女と思われているかも。


曖昧な関係は、不安が多く苦しくなりますよね。
ただし、はっきりさせようとすれば、本命以外は関係が壊れることもあります。

そこまでの覚悟があってはっきりさせたい場合は、参考にしてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。