キスが気持ちいいと感じれば、相性もいいと感じるようになります。
なんとなくキスしていたなら、彼を気持ちよくさせるキスを意識してみて。

そこで今回は、彼が「夢中になるキス」の仕方を紹介していきます。

(1)目線を意識する

キスは雰囲気やムードによって、感じ方が左右されるもの。
彼の気持ちを高めてからのキスが、より興奮するキスになります。

そのためには、目線を意識するようにしてみて。
キスをする前やキスの途中など唇が離れた時に、彼を見つめます。
そうすることで、キスへのドキドキや興奮が伝えられ、彼のテンションもアップしますよ。

(2)とにかくやわらかく

ガチガチに緊張したり、がっついていたりすると、どうしても身体も唇も舌も固くなってしまうもの。
リラックスして、とにかく全てやわらかくすることが大事!

もちろん激しいキスも必要ですが、基本は落ち着いたやわらかいキスを意識してみて。
感触がやわらかいと、とろけるような気持ちよさがあるので、彼はどんどんキスに夢中になりますよ。

(3)彼に身を委ねる

お互いが求め合うようなキスも盛り上がるけど、毎回では疲れてしまう……。
とくにキス慣れしていない人なら、まずは彼に身を委ねてみて。

身を委ねられると、信頼してくれていると分かるので愛おしく感じるもの。
彼のリードに任せて、合わせるようにキスしてみて。

(4)呼吸を合わせる

どれだけ感じるキスをしても、呼吸が合わなければ台無しです。
テクニックよりも、まずは呼吸を合わせることを意識。

唇を離すタイミングや、ディープキスにうつるタイミングなど。
自分ばかりの気持ちを押し付けず、相手を感じることで自然と呼吸は合うようになりますよ。


キスは他の人と比べられないので、自分のキスが上手かどうか分からないですよね。
テクニックも大切ですが、まずは彼とのキスを楽しむことが一番!

そうすることで、呼吸やタイミングなどが分かるようになりますよ。

(恋愛jp編集部)