恋をした時、もうそれしか見えない人と、抑えてしまう人がいます。
そこで今回は、本能で恋する星座ランキングをご紹介します。

12位~9位の人は、本能的になるタイプではないといえるでしょう。
ぜひご自分の星座をチェックしてみてくださいね。

12位 やぎ座

やぎ座は、なぜか恋愛に対してはやや後ろ向きになりやすいかもしれません。
自分自身をさらけ出すことも苦手なのでしょう。

「これをしたら嫌われるのではないか」などいろいろなことを考えてしまいます。
そのため、本能で恋をするタイプではないといえるでしょう。

少し自分の殻を破ることができれば、恋自体を心の底から楽しめるのかもしれませんね。

11位 おとめ座

おとめ座は、常に物事を冷静に見てしまいがち。
本能的に恋をするなど、考えもしないのかもしれません。

本当は、より自分を出したいのだけれど、ぐっと堪えてしまう性格もあるでしょう。
また、恥ずかしがりやな人が多いのもおとめ座の特徴です。

そのため、自分の気持ちを出すことにためらう人が多いかもしれませんね。
しかし、冷静で分析力があるので、自分の理想の人を見つけ出す能力には長けています。

そういう人と出会えた時は、気づいてもらえるよう、少しの勇気をもちたいものですね。

10位 みずがめ座

みずがめ座は、恋に没頭するタイプではありません。
恋人がいたとしても、マイペースさは崩さず、どこへでも行ってしまう人かもしれません。

束縛や独占欲もほとんどないので、逆に相手が物足りない、寂しいと感じてしまいそうです。
本能で恋をすることはないかもしれませんが、意外と粘り強いところがあるため、一度恋に落ちると気持ちが継続する人は多い傾向にあります。

相手が寂しい想いをしないためにも、たまには違う一面を見せて、彼を安心させてあげたいものですね。

9位 ふたご座

ふたご座は、頭の回転が速いタイプです。
常に相手がどうしたら喜ぶかなど、考えているような策士です。

そのため、本能的に恋をしているように見せることもできるでしょう。
しかし、本当は相手のツボを心得ているふたご座の演出といってもいいでしょう。

さばさばした性格でもあるため、相手が喜ぶ女性を演じることはできても、ドロドロした関係になれば、すっとフェードアウトする人だといえます。


いかがでしたか?
本能で恋をできないのは、恥ずかしさや見せたくない姿があるからかもしれませんね。

今回の記事も参考にしてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)