前戯は本番の盛り上がりを左右する、非常に大事なポイントです。
今回は、彼の感度を上げる「エッチの前戯」について4つご紹介します。

彼をさらに楽しませたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(1)焦らす

前戯で焦らすのは、どんな男性でも効果があります。
あえて性感帯には触れず、周りからじわじわと攻めていきましょう。

また、手で触るのではなく、舌でゆっくりと舐めるのも、自然と焦らせるテクニックです。

(2)途中でやめない

男性は、挿入できるようになるまで、女性に触ったり舐めたりしてほしいと考えています。
しかし、長くなってくると女性側は次第に疲れてきて、「いつまで続くの?」と思ってしまいますが、そんな時でも諦めず続けてあげましょう。

そうすれば、最高の硬さをキープしたまま本番にもっていけるはずです。

(3)同時に愛撫する

女性を楽しませて、次は男性の番、そしてセックスに入るという流れがあるカップルは多いかもしれません。
しかし、同時に気持ちよくなりたいと思っているのが男性の本音。

愛撫してもらっているときは、ついつい手が止まってしまいがちですが、少しでもいいので男性の体を触ってあげましょう。

(4)表情を見せる

フェラをしている時は、あまり顔や舐めている姿を見られたくないもの。
ただ、男性側としてはその頑張っている姿を見ることでよりいっそう興奮してしまいます。

恥ずかしさを抑え、目を合わせたり表情を見せたりして、楽しませてあげましょう。


今回は、彼の感度を上げる「エッチの前戯」についてご紹介しました。
男性と女性の体の作りは違うので、前戯に対して思うことにも若干ズレがあるかもしれません。

ぜひこの記事を参考にして、彼を最大限に興奮させてあげましょう。

(恋愛jp編集部)