あなたは「運命の相手」というものを信じますか?
ドラマや少女漫画などで頻繁に取り上げられる題材ですよね。

では、実際にそれを体験したことがある男性は、どんな場面で運命を感じたのでしょうか?
今回は、男性が女性に対して「運命を感じた瞬間」についてご紹介していきます。

(1)多くの共通点が発覚したとき

「好きなお酒のブランドが同じだった」
「もともと同じ土地に住んでいた」
「実は同じ幼稚園に通っていた」

よくある共通点から、聞いた本人が驚くような共通点まで、「実は一緒だった」という項目がたくさん見つかると、思わず運命を感じてしまいます。
共通点が多い場合、自然と会話が盛り上がるので、より仲良くなりやすい点にも注目したいですね。

(2)偶然の一致が続いたとき

「外出先でたまたま会った」というような偶然が頻繁に起こると、思わずドキドキしてしまいますよね。
「電話しようとした瞬間、相手から電話が来た」というタイミングの一致にも、同様のことが言えます。

狙ってできることではないからこそ、その人との運命を感じるのかもしれませんね。

(3)一目惚れをしたとき

男性にとって、最強に運命を感じる瞬間なのが「一目惚れをしたとき」です。
人の容姿の好みは千差万別ですが、その好みにピタリと当てはまる女性を見てしまえば、男性はなりふり構わず「この人しかいない!」と思ってしまいます。

一目惚れされるという体験はなかなかできるものではありませんが、女性としてはいざというときに備えて、日頃から美容に力を入れておきたいですね。

(4)占いの相性がピッタリだったとき

女性と比較すると少ないものの、男性の中にも占いに興味を持っている方は結構います。
ある意味「神頼み」ともいえる占いで、意中の女性との相性が最高だと知ったとき、男性は運命を感じてしまうようです。

意中の男性とあなたの占いの相性がいいなら、その結果を彼に教えてあげることで、交際のキッカケになるかもしれませんね!


意外かもしれませんが、女性に比べて男性の方が、恋愛に対してロマンチックな気持ちを抱えている人が多いんです。
そのせいか、さまざまな要因が重なることで、女性に対し「運命」を感じることがあるんだとか。

これらの効果を逆手にとって、「最近よく会うね」「意外と共通点が多いよね」という風に、会話のタネにしてみるのもイイかもしれませんよ!

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。