(2)安心感がある

結婚すれば、その相手と毎日一緒にいることになりますよね。
居心地のよい家庭を築けるかどうかは女性の安心感の有無にかかっています。

男性は一人でいたい時、構って欲しい時が明確に線引きされています。
そういう男性の気持ちを察してくれる女性に安心感を覚えるのです。

「なんで家にいるのに、構ってくれないの?」と責め立てるような女性には心安らげないかも。

(3)支え合える関係が築ける

結婚すると気になるのが家事分担。
共働き夫婦が増えている中、どちらかに家事分担が偏ると喧嘩の原因に。

料理は女性がするものと思いがちですが、昨今では料理上手な男性が増えていますよね。
料理、洗濯、掃除などは得意な方が得意な家事をやればいいという考え方になってきています。

そういった役割分担をしっかり話し合って、お互いが支え合える関係を築ける相手かどうかを男性は見ているのです。
「家事は女性がやるものだ!」と思っている女性は、きちんと話し合う場を設けると結婚に一歩近づくかも。

(4)愛情表現をしてくれる

男性は結婚しても承認欲求は変わりません。
結婚後もちゃんと自分のことを愛してくれるかどうかを気にしている男性は意外と多いのではないでしょうか。

「夫」ではなく、いつまでも「男」として見られたいと思っているのです。
結婚相手に選ばれたいなら、普段から愛情表現やスキンシップは欠かさないことを心がけましょう。


結婚したいなら、男性が結婚相手に求めていることを理解することが一番の近道です。
彼との付き合いを振り返って、「結婚したい」と思われる女性を目指しましょう。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。