遠距離の彼氏とは、会えなくてもLINEでラブラブなやり取りを続けていきたいですよね。
会えないうちはとにかくLINEや電話などによるコミュニケーションが重要な役割を果たします。

そこで今回は、遠距離LINEでラブラブ長続きする方法について解説していきたいと思います。

(1)どんなに忙しくても毎日やり取りは続けよう

遠距離の場合、少しでもやり取りが減るとその分関係は希薄になっていきます。
そのためLINEは、どんなに忙しかったとしても続けていくことが肝心です。

毎日のコミュニケーションが自然ととれるようになり、会えなくても関係はしっかりキープされていきます。

(2)短文でやり取りの頻度を上げる

遠距離の間は、LINEは頻繁にやり取りをしていきたいところ。
やり取りの頻度を上げるには、短文のメッセージを中心にしていくのがおすすめです。

その方がストレスなくやり取りを重ねていけるからです。
自然と気軽に会話ができるようになり、頻繁なLINEでもお互いに負担を感じることはないでしょう。

(3)「お疲れ様」や「おはよう」の言葉を大事に

遠距離だからこそ、毎日「お疲れ様」や「おはよう」の挨拶を大事にしていきたいですよね。
そんな当たり前のやり取りができる二人なら、離れていてもまさに家族のような距離感を感じていけるはずです。

こまめに毎日挨拶を忘れないでおけば、やり取りを続けていくきっかけにもなります。

(4)たまにはビデオ通話で楽しくやり取り

遠距離でLINEしていくなら、たまにはビデオ通話などで会話するのもよいですよね。
普通の通話にあわせてビデオ通話を利用すれば、離れていてもお互いの様子が確認できます。

ただLINEをするよりもコミュニケーションはより密になるので、遠距離中でも気まずくならずに済みますね。


遠距離恋愛をうまく続けていくには、LINEなどで日々のコミュニケーションの頻度を上げていくことが重要です。
とくに短文でやり取りを増やしていくことは非常に大事なことです。

ぜひLINEのやり取りをたくさん増やして、離れていてもつながっている関係をお互い実感していきましょう!

(恋愛jp編集部)