カップルの長続き度は、実はLINEのやり取りだけで意外とわかるものなんです。
普段のやり取りが少々難ありなカップルは、残念ながら短命の可能性があるため要注意。

そこで今回は、長続きか短命かわかるLINEのやり取りについて解説していきたいと思います。

(1)即レスがあるかどうか

どちらか、もしくは両方が即レスしているようなLINEのやり取りは要注意。
秒で返信しているということは、少なくとも相手にある程度の圧迫感を与えていることになります。

最初こそ即レスは印象がいいかもしれませんが、続くとお互いに負担になることは多いです。
長続きカップルになるには、即レスではなくお互いにちょうどいいペースで無理なくやり取りしていくことが大事ですよ。

(2)長文か短文か

長文でやり取りすることが多いカップルは、長続きしづらいので要注意。
読むのも返信するのも疲れる長文は、やり取りが面倒に感じられる原因につながります。

短文でやり取りする場合は、気軽なチャットのような会話で話がとてもスムーズです。
気軽なノリで返信できるので、長続きカップルになりやすいといえます。

(3)会話の内容にバリエーションがあるか

二人の会話の内容にバリエーションがないと、いずれ話すことがなくなり気まずい関係になってしまいます。
たとえばお互いに「好き」と言い合うイチャイチャのやり取りだけではNGです。

逆に長続きしやすいカップルは、さまざまな話題で話ができるもの。
他愛ない内容から真剣な話までやり取りができるため、話題が尽きず自然と長続きするものです。

(4)気遣いがあるか

お互いを気遣うような言葉があるかどうかは非常に重要です。
相手を心配したり思いやったりする言葉がなければ、カップルとしては関係が薄いと言わざるを得ないですよね。

逆に「無理しないでね」など気遣いあふれるLINEが多ければ、お互いしっかり愛情表現できているということ。
当然関係も長続きしやすくなります。


長続きするLINEのやり取りをするなら、短命になるLINEとの違いはしっかりチェックしておきたいところ。
ぜひお互いに心地よい気分でやり取りできる空気を目指して、毎日送るLINEには工夫を加えていきましょう!

(恋愛jp編集部)