彼との相性はよいはずだけど、いまいち自信がないという方はいませんか。

今回は、「彼との相性度」について4つご紹介します。
ぜひこの記事で振り返ってみてくださいね。

(1)無言でも気を遣わない

誰かと一緒にいる時、相手に対して少なからず気を遣ってしまいませんか。

無言でも大して気にならなかったり、各自やりたいことに集中できる環境を確保したりするのは、相性のよい相手としか実現できません。
頑張らなくてもよい方と一緒にいるのがオススメです。

(2)好きなものが同じ

趣味やファッション、ライフスタイルなど、共通点が多ければ多いほど、相性がよいと言えますよね。
とくに食事に関しては、好みが似ているに越したことはありません。

自炊をするにしてもレストランを選ぶにしても、好みが違うと、どちらかが我慢しなければならなくなるからです。
彼の好きなものに寄せるというよりは、元々好きなものが似ているのが理想ですね。

(3)金銭感覚が近い

金銭感覚は、それぞれの育ちが大きく影響してきます。
そのため、この感覚が違うということは、バックグラウンドに差があるということなので、あらゆる場面でなかなか相手を理解することができません。

また、結婚を視野に入れているのであれば、やはり家族の存在や育ちは無視できません。
逆に金銭感覚が似ていると、スムーズに事が運びます。

(4)補い合える

人はそれぞれ得意分野と苦手分野が違います。
カップル間でも能力を補い合えると、最高のパートナーになる事ができるはず。

似ているところが多いのもポイントですが、苦手なことを補い合える違いがあるのもまた素敵なことです。
感謝を忘れず、お互いに頼り、助けあいましょう。


今回は、「彼との相性度」についてご紹介しました。
どれくらい当てはまっていましたか。

相性の良さは、最終的には自分達にしか判断できないことなので、きちんと自分たち自身の意見を持っておきましょうね。

(恋愛jp編集部)